悪天候時の楽器対応

こんにちは。

PLV音楽院スタッフです。

 

このブログではスタッフの目線で日々色々と感じた事や気づいた点等を書いていきます。

 

ちょうどこれを書いている今、外では雪まじりの雨が降っています。

こういう時にスタジオ練習等があった場合は楽器が濡れないようにしなくてはならず、大変ですよね。

傘をさして楽器ケースを覆うようにして歩くと、自分が濡れてしまうし。。。

 

幸い今はさまざまな楽器で防水対応のケースが売られています。

いざという時の為に手持ちのケースが防水対応であったら助かりますよね^^

 

ですが

「すでにケースは持ってるし、新たに買うのもどうかな・・・」と思う方もいると思います。

 

知り合いでレインコートを楽器ケースのサイズに加工して使っている方がいるのですが、

なかなかいい感じと言っていましたよ!

 

手先が器用な人はこういう選択肢もありかも知れません。

 

ちなみにギタリストの背負うタイプのケースはレインコートを加工しないでも

そのまま被せて使えるらしいです。

 

その他にも結構身近なもので色々代用出来るものが

探せば意外と多いのかも知れませんね。

 

みなさんの素敵な音楽ライフを願っています^^