定期推奨

ベース

Bass

概要

本質的にハーモニーとグルーブを支配するベースは、
その実力次第でアンサンブルの評価が決まる、
と言っても過言ではありません。

そのため、地味な練習を積み重ね、
基礎力を徹底的に鍛える必要があります。

当塾では、様々なジャンルのリズムパターン習得や、
オリジナルのライン作りに重きを置いています。

最終的には「アレンジ力」自体が
「ベーシスト力」につながる、という方針のため、
中級以上は音楽理論が必須となります。

どんな方向け?

これから始めてみたいと思っているが、
何から手を付けていいかわからない方。

既存曲のカバーは得意だが、
タブ譜がないと何をやればよいかわからない方。

バンドでオリジナル曲を演奏しているが、
アレンジを任されると頓挫してしまう方。

オリジナルのフィルやソロ、
ウォーキングベース作りに挑戦したい方。

周りの音を聴いて即興でフレーズや間を作り、
アンサンブル内での会話力を高めたい方。

etc.

カリキュラム例

初級

ピックでもフィンガーでも、
とりあえずタブ譜を読めるようにします。
単純なロック系の場合、
タイムキープができるようになったら、
すぐ簡単で好きな曲の練習に入ります。
ファンク、ラテン、ジャズ、フュージョン等を
目指す方は、奏法的にフィンガーが必須なため、
アポヤンドとミュートをマスターし、
太くきれいな音を出せるようにします。

中級

チューニングが統一されている楽器は、
早目にシステムを理解した方が効率的なため、
ギターと同じように、
「3 Notes per String」をマスターします。
同時に、様々なハーモニーを体感するため、
塾長が編み出した
「All Position Arp. Exercise(仮称)」
の訓練を行います。
また、様式に合わせたリズムパターンを
弾きこなせるようになってきたら、
スラップ等の奏法も学習します。

上級

運指の可能性を研究しつつ、
フィル、ウォーキング、ソロを想定した
オリジナルライン作りに入り、
アンサンブルでの会話力を高めます。
また、クラーベを感じる訓練をし、
アフロキューバンのグルーブにも挑戦します。
最終的にはECM系の即興を目指します。

教材

当塾で配布します。
また、板書したものはキャプチャーして構いません。

定期推奨コース

Guitar 1

概要 ギターは誰もが知っているポピュラーな楽器ですが、 奏法や音色のバリエーションは大変豊富で、 様々なジャンルに顔を出し、 主役から脇役までこなすことができます。 反面、本気で習得したいなら一筋縄で ...

Bass 2

概要 本質的にハーモニーとグルーブを支配するベースは、 その実力次第でアンサンブルの評価が決まる、 と言っても過言ではありません。 そのため、地味な練習を積み重ね、 基礎力を徹底的に鍛える必要がありま ...

Piano 3

概要 ピアノやキーボードにおいて、 2段譜をすばやく読めて正確に演奏できる、 という能力はもちろん大切ですが、 当塾では、自分でアレンジができたり アドリブでソロが弾けたりという、 クリエイティブな能 ...

DTM 4

概要 DTMとは「Desktop Music」の略で、 ごく簡単に言えば、 「パソコンを用いて音楽を制作すること」です。 DTMのおかげで、ビッグバンドや オーケストラのような大編成の曲であっても、 ...

Music Theory 5

概要 理論って難しそう・・・ 理論って何の役に立つの・・・ 理論に縛られると自由が奪われるんじゃないか・・・ それらは間違いなく、 逃げや洗脳から生み出された思考です。 先人達が何百年と試行錯誤してき ...

Composition 6

概要 クラシック音楽の世界では、 作曲と編曲(アレンジ)は 元々同一の音楽家が行っていた経緯から、 編曲も含めて作曲という認識の方も 多いと思いますが、 バークリーでは明確に分けられています。 当塾も ...

Harmony 7

概要 音大の必修等に組み込まれているものの、 独学やグループレッスンでは習得が難しく、 難解な音楽用語と禁則の嵐によって、 挫折する者が後を絶たない学問の一つです。 ポピュラー音楽においてベースはコー ...

Counterpoint 8

概要 大抵の現代人が、全く接することなく 人生を終える学問の一つです。 西洋における中世からバロックの様式には 欠かせないものですが、 技法的あるいは美学的見地から応用すれば、 ビバップのような音楽に ...

© 2020 PLV音楽塾 Powered by AFFINGER5