定期推奨

和声法

Harmony

概要

音大の必修等に組み込まれているものの、
独学やグループレッスンでは習得が難しく、
難解な音楽用語と禁則の嵐によって、
挫折する者が後を絶たない学問の一つです。

ポピュラー音楽においてベースはコードを支配する
要素に過ぎないことが多いですが、
和声におけるバスは立派な旋律です。

SATBの課題を実施することによって、
混声四部合唱だけでなく、あらゆる四重奏に
素早く変換できるようにもなります。

ここで学ぶ「コラール」という様式は、
内声の動きも意識する多声部音楽なので、
最終的には対位法の声部を増やしていったものと
ほぼ一致とするとも言えます。

歴史的には横が縦に発展してきたのですが、
現代では縦から横に見る方が容易かと思います。

また、ジャズはルートを固定し、
縦にテンションで緊張感を高めていくのに対して、
和声では、転回形を多用することにより、
響きの単調さを回避しています。

そういった意味では、ある程度でも
ポピュラー理論を習得してから始めてみると、
逆に感動が大きいかもしれません。

どんな方向け?

バロックからロマン派までの技法を、
何となくでも習得したい方。

オーケストラ等の奏者なのに、
自分が何をやっているかわからない方。

スケールやコードに関する知識は豊富なのに、
クラシックサウンドだけはどうしても作れない方。

イントロ等でストリングスアレンジを入れてみたが、
「何だか違うな」と思っている方。

パイプオルガンやクワイア音源に頼らずとも、
本質的神降臨サウンドを作れるようになりたい方。

etc.

カリキュラム例

和声学の世界ではごく一般的ですが、
バス課題で美しい旋律を意識しながら定型を学び、
ソプラノ課題で調性に基づいた和声付けをします。

教程は賛否両論で有名な「芸大和声」が基本ですが、
用語が馬鹿らしいほどに厳ついので、
ポピュラーミュージックの何に相当するか、
照らし合わせながら進めます。

例えば、ナポリやドリアであればMIとして、
ドイツの六はsubⅤ7/Ⅴ等、簡単に処理できますが、
借用和音、準固有和音、偶成和音、階梯導入等、
なかなか日本語と英語が一致しない、
あるいは「芸大和声界」にしかないものも多いです。

非和声音に関しても倚音、複刺繍音等、
漢字で書けないようなワードも頻出します。

国語をやっているわけではないので、
アメリカンな方が捉えやすい場合は、
随時変換していきます。

また、機能的に「Ⅶ」という存在を認めないので、
初学者は、ルートがなくても「Vの代理」
という概念にひたすら洗脳されます。

用語負けしそうな「副次同主長調」への転調等も、
ジャズではごく自然に行われてるため、
ポピュラー民は全く意識することがありませんが、
それだけ和声というのは主調との関係が
大事というのを思い知らされます。

こういった頭の固いところもありますが、
きちんと課題をこなしているうちに
西洋の美学における「正格な様式」が身に付くので、
やはり主要教程に組み込んでいます。

教材

和声 理論と実習 Ⅰ
和声 理論と実習 Ⅱ
和声 理論と実習 Ⅲ
Tonal Harmony
etc.

定期推奨コース

Guitar 1

概要 ギターは誰もが知っているポピュラーな楽器ですが、 奏法や音色のバリエーションは大変豊富で、 様々なジャンルに顔を出し、 主役から脇役までこなすことができます。 反面、本気で習得したいなら一筋縄で ...

Bass 2

概要 本質的にハーモニーとグルーブを支配するベースは、 その実力次第でアンサンブルの評価が決まる、 と言っても過言ではありません。 そのため、地味な練習を積み重ね、 基礎力を徹底的に鍛える必要がありま ...

Piano 3

概要 ピアノやキーボードにおいて、 2段譜をすばやく読めて正確に演奏できる、 という能力はもちろん大切ですが、 当塾では、自分でアレンジができたり アドリブでソロが弾けたりという、 クリエイティブな能 ...

DTM 4

概要 DTMとは「Desktop Music」の略で、 ごく簡単に言えば、 「パソコンを用いて音楽を制作すること」です。 DTMのおかげで、ビッグバンドや オーケストラのような大編成の曲であっても、 ...

Music Theory 5

概要 理論って難しそう・・・ 理論って何の役に立つの・・・ 理論に縛られると自由が奪われるんじゃないか・・・ それらは間違いなく、 逃げや洗脳から生み出された思考です。 先人達が何百年と試行錯誤してき ...

Composition 6

概要 クラシック音楽の世界では、 作曲と編曲(アレンジ)は 元々同一の音楽家が行っていた経緯から、 編曲も含めて作曲という認識の方も 多いと思いますが、 バークリーでは明確に分けられています。 当塾も ...

Harmony 7

概要 音大の必修等に組み込まれているものの、 独学やグループレッスンでは習得が難しく、 難解な音楽用語と禁則の嵐によって、 挫折する者が後を絶たない学問の一つです。 ポピュラー音楽においてベースはコー ...

Counterpoint 8

概要 大抵の現代人が、全く接することなく 人生を終える学問の一つです。 西洋における中世からバロックの様式には 欠かせないものですが、 技法的あるいは美学的見地から応用すれば、 ビバップのような音楽に ...

© 2020 PLV音楽塾 Powered by AFFINGER5