定期推奨

DTM

DTM

概要

DTMとは「Desktop Music」の略で、
ごく簡単に言えば、
「パソコンを用いて音楽を制作すること」です。

DTMのおかげで、ビッグバンドや
オーケストラのような大編成の曲であっても、
自分一人で納得のいくまで
制作することが可能になりました。
また、EDM等における音色加工のような、
実験的なアイデアも次々に試すことができます。

現代の音楽業界では
当たり前になってしまったDTMですが、
パソコンを駆使して音楽を完成させるには、
当然ながら、「パソコン」と「音楽」における
最低限の予備知識が必要となります。

また、パソコンに音楽を作ってもらうのではなく、
パソコンは「音楽を作るツール」として
認識することが大切です。

そういったことを踏まえて、
当塾のDTMコースは、音楽理論や作編曲コースと
連動しているのが特徴です。
打ち込みから書き出しまでの一連の流れを覚えたら、
1曲をとりあえず形にしていきます。

また、市販音源に近い音抜けや
音圧を実現するためには、
エフェクターの使い方、ミックスやマスタリングの
基礎知識も必要となりますので、
目標レベルや希望のスタイルに合わせて、
レッスン内容は調整を行います。

注意

当塾で使用するソフトウェアを
こちらでご確認ください。
その他は概論のみとなります。

どんな方向け?

長年曲は作っていて興味はあったが、
機材関係に弱く一歩踏み出せなかった方。

簡単な打ち込みはすでに行っているが、
堂々と公開できるレベルまで仕上げたい方。

パソコン上での譜面作りを目指しており、
かつそれをDAW上に取り込み音源も仕上げたい方。

歌い手でなくともボーカロイドを上手く活用して、
デモからアートまで自己完結したい方。

アナログ感や空気感にこだわった
ミックスやマスタリングを目指している方。

etc.

カリキュラム例

「Cubase」について

「Cubase」は、国内DAWシェア1位のソフトなので、
至る所に情報が転がっています。
また、ジャンル的にも幅広く使えるので、
相当特定のスタイルにこだわっている方以外は、
初心者から上級者まで長く使っていけるでしょう。

順序としてはまず、基本的な操作法を学びます。
各種ソフトウェアのインストールやフォルダ管理、
トラックの作り方や音源の選び方、
MIDIとオーディオの基礎知識、各楽器の打ち込み、
書き出しまで一連の流れを覚えます。

操作に慣れてきたら、ミックスを行います。
曲想を最大限に活かすフェーダーコントロール、
各種エフェクターの使い方を覚えます。
またオーディオを全く使用しない方以外は、
基本的な波形編集もマスターします。

音色やの音量のバランスに納得したら、
マスタリングに挑戦します。
音質と音圧の妥協点をジャンルによって見定め、
市販音源に近づける方法を学びます。
有名プラグインの導入は、ほぼ必須となります。

あとは、自らがイメージする理想の音を求めて
ひたすら試行錯誤なので、
単発的なアドバイスでサポートしていきます。

注意

ミックスは終わりのない旅なので、
追求すると精神が病みます。
芸術家よりも職業音楽家を目指す方は、
程々にしておくべきかもしれません。

仕上がり例

当塾は、ミックスやマスタリングにおいて、
生の空気感を最重要に考えています。

ポイント

曲例は、サイドを上げすぎず立体感を持たせ、
こもりを極力残したまま音圧を上げています。

ジャンルによってはこの限りではありませんが、
空気感や臨場感にこだわらないのであれば、
高価なサンプル音源や
良い音質でのオーディオ録音、
有名プラグインを駆使すれば、
派手なサウンド作りは
誰にでもできる時代になっています。

しかしながら、
ダイナミクス系ではなくサチュレーター系で、
アーティキュレーションを残しながら
音を割らずに音圧を上げていくのは、
センスと経験が必要です。

また、音抜けを良くすることに関しては、
実はミックス能力ではなく、
アレンジの段階でほぼ決まってしまいます。

比較用に平面的な仕上がりの例を示します。
(MIDI検定2級2次試験提出課題より)
すっきりとはしていますが、
大変チープなサウンドと言えます。

注意

MIDI検定は、
打ち込みの正確さを試される試験なので、
ミックスは簡単(これで満点)です。
逆に余計なことをしない方が安全です。

「Finale」について

音現象は時間の経過と共に、
たちまち消えてしまうものです。
それを共に演奏するメンバーに正しく伝えたり、
後世に残すための遺産が「楽譜」です。

楽譜の作成にもそれなりの技術が必要で、
「読める」人は比較的多いものの、
「書ける」人は圧倒的に少ないです。

現代では、美しい譜面を作成するために、
専用のソフトウェアを使用し、
コンピューター上で譜面を書くのが主流です。

当塾では、業界標準の「Finale」を用いて
レッスンを行っているため、
出版レベルの譜面を仕上げることも可能です。

最初は思うようにいかないことも
多いかもしれませんが、
操作法はたいして難しくないので、
裏技的な記譜法も含めて、
素早く効率的に仕上げる方法を伝えていきます。

また、直感的に作っていくタイプの小品は別として、
ある程度の尺でそれなりに複雑な音楽の場合、
SMFという形式で書き出すことによって、
DAW上における打ち込みの手間を
大幅に省けることが、最大の利点とも言えます。

仕上がり例(リードシート)

作曲を志している方なら、
まずはしっかりしたリードシートを
作れるようにしましょう。

Lead SheetLead Sheet

Lead SheetLead Sheet

ピアノソナタ

楽器の演奏能力が流暢でなくとも、
プレイバックを繰り返し音を確認することで、
それなりの勉強さえすれば、
近現代系の楽曲も作れるようになります。

Piano SonataPiano Sonata

仕上がり例(バイオリン&ピアノ二重奏)

変拍子、ランダムな連符、
2段にまたがるピアノ表記も思いのままです。

Violin and PianoViolin and Piano

仕上がり例(弦楽五重奏)

各種ボウイング表記やdivisi等、
弦楽で良く出てくる表現も細かく設定できます。

String OrchestraString OrchestraString Orchestra

仕上がり例(オーケストラ)

この位の編成になると、
DTMでは無駄にパートが多い気もしますが、
特殊な訓練(指揮科等)をしていない限り、
全ての音が頭の中で明確に鳴る人は
ほぼいないかと思われます。
そうなると、やはりプレイバックは強い味方です。
もし、奇跡的に生演奏をやる機会があれば、
譜面作りにしっかり時間をかける
必要があることは言うまでもありません。

Full OrchestraFull Orchestra

Full OrchestraFull Orchestra

仕上がり例(7管編成ジャズ)

ジャズ系の記譜は一風変わっていて、
SlashやStop Time、
ドラムはさらにKicks OverTimeという
特殊表記が出てきますので、
ちょっとした裏技が必要です。

7 Horns7 Horns

7 Horns7 Horns

仕上がり例(ビッグバンド)

ビッグバンドはオーケストラと一緒で、
DTMにおいては無駄に楽器が多いため、
現代で自分のために書くことは
あまりないと思いますが、
生演奏の機会があるとなると
やはり(特にパート譜)大変重宝します。

Big BandBig Band

Big BandBig Band

仕上がり例(ボカロック)

ロックやボカロ曲を譜面から作っている人は
レアかもしれませんが、
意図的ではない音のクラッシュ、
各楽器の使用頻度や休符のバランス、
対位法的な美的センスまで、
客観的かつ視覚的に一瞬で判断できます。
あとやはりDAWへの移行が非常に楽なので、
歌ものも譜面から作るのがお勧めです。

VOCAROCKVOCAROCK

「VOCALOID」について

今やキャラとしての流行は過ぎたものの、
DTMのツールとして活躍を続けるボーカロイド。

作品として完結できるのはもちろん、
オリジナルの仮歌やコーラス、
エフェクトをかけて効果音にしてみたりと、
使い方も豊富です。

基本的な打ち込み方、声質の吟味、
DAW上での効果的なミックス方法等、
小技を含めて、テクニックを学んでいきます。

仕上がり例

当塾は、人間らしさにこだわった
調声を最重要に考えています。

サウンドロゴ等はあえて機械的な方が、
向いていることもあります。

参考までのV2時代
※全てジャンルも調声も違います。

ポイント

作詞の段階で問題がある場合は、
母音子音のバランスや韻の踏み方について、
できる限り提案します。
また、「Gender Factor」や「Voice Color」等も
作曲者の意図に合わせて話し合います。

教材

特にありません。

定期推奨コース

Guitar 1

概要 ギターは誰もが知っているポピュラーな楽器ですが、 奏法や音色のバリエーションは大変豊富で、 様々なジャンルに顔を出し、 主役から脇役までこなすことができます。 反面、本気で習得したいなら一筋縄で ...

Bass 2

概要 本質的にハーモニーとグルーブを支配するベースは、 その実力次第でアンサンブルの評価が決まる、 と言っても過言ではありません。 そのため、地味な練習を積み重ね、 基礎力を徹底的に鍛える必要がありま ...

Piano 3

概要 ピアノやキーボードにおいて、 2段譜をすばやく読めて正確に演奏できる、 という能力はもちろん大切ですが、 当塾では、自分でアレンジができたり アドリブでソロが弾けたりという、 クリエイティブな能 ...

DTM 4

概要 DTMとは「Desktop Music」の略で、 ごく簡単に言えば、 「パソコンを用いて音楽を制作すること」です。 DTMのおかげで、ビッグバンドや オーケストラのような大編成の曲であっても、 ...

Music Theory 5

概要 理論って難しそう・・・ 理論って何の役に立つの・・・ 理論に縛られると自由が奪われるんじゃないか・・・ それらは間違いなく、 逃げや洗脳から生み出された思考です。 先人達が何百年と試行錯誤してき ...

Composition 6

概要 クラシック音楽の世界では、 作曲と編曲(アレンジ)は 元々同一の音楽家が行っていた経緯から、 編曲も含めて作曲という認識の方も 多いと思いますが、 バークリーでは明確に分けられています。 当塾も ...

Harmony 7

概要 音大の必修等に組み込まれているものの、 独学やグループレッスンでは習得が難しく、 難解な音楽用語と禁則の嵐によって、 挫折する者が後を絶たない学問の一つです。 ポピュラー音楽においてベースはコー ...

Counterpoint 8

概要 大抵の現代人が、全く接することなく 人生を終える学問の一つです。 西洋における中世からバロックの様式には 欠かせないものですが、 技法的あるいは美学的見地から応用すれば、 ビバップのような音楽に ...

© 2020 PLV音楽塾 Powered by AFFINGER5