よくある質問

PLV音楽院時代からのよくある質問をまとめました。
レッスン、システム、必要機材、人生相談も含めて、
1800人以上のカウンセリングを行ってきた中から、
特に多かったものをピックアップしてあります。
また、オンラインレッスンに関しても追加しました。

レッスンについて

システムについて

必要機材について

その他

レッスンについて

レッスンはオンラインのみですか?

立地的に通える方であれば、
内容によっては対面を行っています。
料金はオンラインと同じですが、
1レッスン120分(2枠)からとなります。

「バークリー・メソッド」とは何ですか?

アドリブや作編曲における方法論で、
現在のポピュラー音楽理論書は、
概ねバークリーの「Harmony」に
基づいて書かれています。

こちらに塾長の持論を詳しく載せてあります。

初心者なのですが、
レッスン受講可能ですか?

ラボ以外は全て可能です。
初心者は勉強法や練習法を誤ると、
悪い癖やイメージがついて、
長期にわたって矯正が必要となり時間の無駄です。
特にやりたいジャンルが確定していない方や、
様々なスタイルの演奏を志している方は、
当塾で基礎から学ぶのが効率的です。

軽い趣味程度に楽しみたいのですが、
レッスンについていけますか?

全く問題ありません。
当塾は受講者のビジョンに合わせた
プランニングを常に心掛けています。

長年音楽は続けていますが、
練習法に行き詰っています。
学ぶべきことを相談できますか?

とりあえず一度、
カウンセリングを受けてみてください。
真剣にお話を伺います。

他の音楽教室や個人レッスンで、
突っ込んだ質問をすると、ごまかされたり
嫌悪されることが多かったのですが、
そういうことはありませんか?

絶対ありません。

大抵のことは教えられると思いますが、
わからないことや専門でないことは、
逆にはっきりと言います。

調べて解決することは裏を取るよう努力しますが、
そうでない曖昧な質問にも、
何らかの提案で対応をします。

どんどん先に進みたいので、
宿題を多めにもらえますか?

しっかりとした学習態度の方で、
レッスン中見ることのできる量までなら可能です。

言動と行動が伴わない方の場合はお断りします。
市販の教材等を購入して独学で行ってください。

プロ志向なのですが、
どの位レッスンを受講すればなれますか?

知りません。
個々が持っているプロの定義によります。

また、今までの音楽経験、意志の強さ、
持って生まれた才能、
音楽に費やすことのできる時間、
等に左右されます。

当塾では知識や技術の範疇においては、
専門家レベルまで教えることができますが、
それをどのように利用するかは受講者次第です。

当然のことですが、
プロの定義が定まっていない方は、
間違いなくプロになれません。

なぜ厳しく言っているかというと、
この質問をしてきた方々は例外なく宿題をこなせず、
欠席も多く3ヶ月以内に辞めているからです。

仕事の斡旋等を期待している方は、
そういう謳い文句のところをお勧めします。

クラシックをやってきて、
テクニックや譜読みには自信ありますが、
コードネームやアドリブが苦手です。
克服できますか?

余計なプライドがあるとまず無理です。
一からやり直すつもりであれば、
技術的には圧倒的に有利なので、
本当は意外と簡単に克服できます。

詳細は音楽理論をご覧ください。

楽器演奏よりも
音楽理論や作編曲に興味があるのですが、
本格的に学ぶことができますか?

もちろん学ぶことができます。
ただし、鍵盤やギターのような和音の出せる楽器は、
多少習得した方が良いです。
頭で明確に音が鳴る方は別です。

詳細は音楽理論、または作編曲をご覧ください。

楽器をやったことがないのですが、
DTMを学ぶことはできますか?

操作法だけなら可能です。
PCと音楽理論に強ければ作曲も可能ですが、
もしパターンを組み合わせて作りたいのであれば、
DJスクール等の方が向いています。

詳細はDTMをご覧ください。

MIDI検定に興味があるのですが、
どんな試験ですか?

各級によって異なります。
3級は筆記のみ、2級は筆記と実技、
1級はオーケストラ等の譜読みとミックスまで、
4級は当塾でも試験とライセンス発行ができます。

詳細はMIDI検定対策をご覧ください。

セッションに参加してみたいのですが、
対策は可能ですか?

懇切丁寧に行います。
というのも、デビュー戦で失敗して
トラウマになってしまった方が多いからです。
迷惑をかけない程度に準備していけば安心ですし、
何より自信に繋がります。

詳細はセッション準備をご覧ください。

音楽学校に入学したいのですが、
対策は可能ですか?

ポピュラー音楽科であれば問題なく可能です。
クラシックの音楽大学は、
各専門の楽器奏者に師事しないと厳しいです。
作曲科は大学にもよりますが、
現状の能力と残された時間で判断し、
信頼できる指導者を紹介することもあります。

詳細は音楽学校&留学対策をご覧ください。

音楽留学をしたいのですが、
対策は可能ですか?

英語圏であればおおよそ可能です。
ただし、必ず学費を先に調べてください。
そこをクリアしないと対策しても無意味です。

詳細は音楽学校&留学対策をご覧ください。

教材は何を使うのですか?

受講者のビジョンや個性に合わせて
当塾で用意することが多いですが、
テキストが決まっているコースもあります。
(Berklee Textbook)と表記のあるものは、
レッスンに内容に合わせて適宜配布します。

詳細はコース紹介をご覧ください。

年齢に関する制限はありますか?

小学生から年配の方まで、幅広く受講可能です。
ただし、小中学生の場合は、
カウンセリング時に保護者の方にも
お話を伺います。

レッスン内容を録音、録画できますか?

講義に関しては一切禁止ですが、
模範演奏等は事前に一言あればOKです。
また、板書はキャプチャーして構いません。

システムについて

料金体制はどうなっていますか?

入塾案内をご覧ください。

予約はどのように取ればいいですか?

会員登録を行うと、マイページにログインできます。
PC、タブレット、スマホ等の端末にて、
予約やキャンセル、ステータスの確認が可能です。

詳細は入塾案内をご覧ください。

予約はいつから可能ですか?

毎月、翌月末までのスケジュール更新を
15日~20日の間に行うため、
最大で45日前、最小で10日前です。
また、レッスン開始時刻の72時間前までなら、
空いている枠を自由に取ることができます。

詳細は入塾案内をご覧ください。

返金制度はありますか?

当塾都合により
レッスンが継続できなくなった場合のみ、
未消化レッスン分を全額返金します。

詳細は入塾案内をご覧ください。

振替レッスンはありますか?

レッスン開始時刻から24時間前までは、
キャンセルによってチケットが返還されますが、
それ以降は消化扱いとなります。

詳細は入塾案内をご覧ください。

機材トラブルがあった場合、
振替は可能ですか?

当塾側のトラブルの場合、
時間延長またはチケット返還で対応します。
受講者側のトラブルの場合は、
時間延長の善処はしますが、振替はできません。

詳細は入塾案内をご覧ください。

レッスンを一時的に
お休みすることはできますか?

チケットを購入しなければ、自動的にお休みです。

詳細は入塾案内をご覧ください。

レッスンを曜日や時間を決めて
定期的に受講することはできますか?

こちらで自動入力することはできません。
定期的な曜日や時間を取りたい方は、
早めに講師スケジュールをチェックしてください。

詳細は入塾案内をご覧ください。

必要機材について

オンラインレッスンに
必要な機材は何ですか?

PC、ウェブカメラ、オーディオインターフェース、
マイク、スピーカー(あるいはヘッドフォン)が、
個々にあるのが理想です。

ラップトップ(ノートパソコン)や
タブレットの場合、オールインワンで済みますが、
音楽のレッスンである以上、
音質だけはこだわることをお勧めします。

参考までに必要機材等をご覧ください。

DTMに必要な機材は何ですか?

PC、オーディオインターフェース、
ニアフィールドモニター、モニターヘッドホン
MIDIキーボード、DAW、各種ケーブルで、
とりあえず始めることができます。

アイデア等を形にするだけでしたら
ラップトップやタブレットのみでも可能ですが、
ミックスやマスタリングまで自己完結したい方は、
それなりのものをそろえる必要があるでしょう。

参考までに必要機材等をご覧ください。

その他

イベントはありますか?

小規模な発表会等は行うことがあります。
完全自由参加です。

塾長はライブやらないのですか?

ごく稀にやります。

YouTube等の講座はないですか?

制作中です。

PLVの意味は何ですか?

「Passion」「Logic」「Vision」の略です。

定期推奨コース

Guitar 1

概要 ギターは誰もが知っているポピュラーな楽器ですが、 奏法や音色のバリエーションは大変豊富で、 様々なジャンルに顔を出し、 主役から脇役までこなすことができます。 反面、本気で習得したいなら一筋縄で ...

Bass 2

概要 本質的にハーモニーとグルーブを支配するベースは、 その実力次第でアンサンブルの評価が決まる、 と言っても過言ではありません。 そのため、地味な練習を積み重ね、 基礎力を徹底的に鍛える必要がありま ...

Piano 3

概要 ピアノやキーボードにおいて、 2段譜をすばやく読めて正確に演奏できる、 という能力はもちろん大切ですが、 当塾では、自分でアレンジができたり アドリブでソロが弾けたりという、 クリエイティブな能 ...

DTM 4

概要 DTMとは「Desktop Music」の略で、 ごく簡単に言えば、 「パソコンを用いて音楽を制作すること」です。 DTMのおかげで、ビッグバンドや オーケストラのような大編成の曲であっても、 ...

Music Theory 5

概要 理論って難しそう・・・ 理論って何の役に立つの・・・ 理論に縛られると自由が奪われるんじゃないか・・・ それらは間違いなく、 逃げや洗脳から生み出された思考です。 先人達が何百年と試行錯誤してき ...

Composition 6

概要 クラシック音楽の世界では、 作曲と編曲(アレンジ)は 元々同一の音楽家が行っていた経緯から、 編曲も含めて作曲という認識の方も 多いと思いますが、 バークリーでは明確に分けられています。 当塾も ...

Harmony 7

概要 音大の必修等に組み込まれているものの、 独学やグループレッスンでは習得が難しく、 難解な音楽用語と禁則の嵐によって、 挫折する者が後を絶たない学問の一つです。 ポピュラー音楽においてベースはコー ...

Counterpoint 8

概要 大抵の現代人が、全く接することなく 人生を終える学問の一つです。 西洋における中世からバロックの様式には 欠かせないものですが、 技法的あるいは美学的見地から応用すれば、 ビバップのような音楽に ...

© 2020 PLV音楽塾 Powered by AFFINGER5