集中推奨

MIDI検定対策

MIDI License

概要

そもそもMIDI(ミディ)とは?

「Musical Instrument Digital Interface」の
頭文字を組み合わせた言葉で、
「楽器間の情報通信のためのデジタル規格」
という意味になります。

詳しく言うと、「電子楽器やコンピュータ等の
メーカーや機種に関わらず、音楽の演奏情報を
効率良く伝達するための統一規格」です。

1981年、日本の電子楽器メーカー
(YAMAHA、ROLAND、KORG、etc.)が、
海外のメーカーと共に協議、検討し、
世界共通の規格として実現して以来、
通信カラオケ、シーケンサー、DAW、
ボーカロイドに至るまで、
時代を問わず柔軟にあり続け、
30年以上経った今も、衰退するどころか、
更なる進化を遂げようとしています。

その一例として、近年では、
WebブラウザからMIDIを扱うため、
Web MIDI APIの実装も進められています。

DTM(デスクトップミュージック)で音楽創作過程の
ほぼ全てが可能となった現代では、
作曲家、サウンドクリエイターがMIDIの基礎知識を
持っているのは当たり前になりましたが、
専門家だけでなく気軽に音楽制作を可能にしたのも、
実はMIDIの恩恵なのです。

MIDI検定とは?

一般社団法人音楽電子事業協会
(AMEI)が主催する検定で、
DAWにおける音楽制作に必要な知識や技術を
客観的に証明できる歴史ある試験です。
特に2級は、サウンドクリエイターにとっては、
登竜門であるとも言えるでしょう。

3~1級は、1年に1度しか受験できないので、
確実に合格を目指すなら、
それなりの準備をお勧めします。
4級は当塾でも随時認定可能です。

MIDI TextbookMIDI Textbook

目的は?

電子音楽の事実上の標準規格である
「MIDI」を広く一般社会に普及啓蒙し、
規格内容の認識レベルを標準グレード化して、
活用できる人材を数多く創出する事です。

平成24年度より試験内容が大幅に変わり、
より実践的でクリエイター向けになりました。
音楽制作系の会社への就職や
音楽学校の講師等を目指す方は、
上位グレードの取得によって、
一つのアピールにもつながります。

どんな方向け?

サウンドクリエイターとしての
知識や打ち込みのスキル、
譜読みの正確性を客観的に確認し、
公的に証明したい方。

カリキュラム例

4級

受験資格

不問

難易度

試験時間

30分(300分の講義が必要)

受験料

当塾の認定講座は、
講義60分×5+試験30分で¥20,000(税別)
※ライセンスカード発行料を含みます。

求められる能力

オーディオとMIDIの違いなどを理解し、
パソコンなどを使用した音楽の楽しみ方など、
ミュージックメディアに関する
基礎知識を持っている。

指導内容

メディアと音楽

MIDIの知識

コンピュータの知識

オーディオの知識

活用されるMIDI

著作権

楽譜とコードの知識

3級

受験資格

不問

難易度

やや易

試験時間

60分

受験料

¥3,000(税別)

求められる能力

MIDIの基本知識を理解し、
音楽情報を数値化したり、数値化されたデータを
音楽情報として捉えることができる。

指導内容

MIDIとは

データバイトとステータスバイト

ノートデータ、コントロールデータ

システムエクスクルーシブ

GMなど

リスト表示による演奏情報とスコア

2級1次

受験資格

不問

難易度

普通

試験時間

90分

受験料

¥5,000(税別)

指導内容

機材と環境設定

ハードウェア及びソフトウェア規格

楽譜情報、ノート情報、コントロール情報

エフェクト、音源知識

同期

マルチメディア知識

2級2次

受験資格

2級1次合格者

難易度

やや難

試験時間

2日間(正味5時間相当)

受験料

¥12,000(税別)

求められる能力

音楽制作現場で実務レベルとして、
MIDIに関する制作や監修に携わることができる。

指導内容

現在対策講座は行っていません。

1級

受験資格

2級2次合格者

難易度

試験時間

10日間(正味20時間相当)

受験料

¥18,000(税別)

求められる能力

楽譜からの音楽情報を、
正確かつ表現力豊かに、作品として創造する
プロレベルの技能を持っている。

指導内容

現在対策講座は行っていません。

教材

ミュージッククリエイター入門
(4級認定講座で使うテキスト)
ミュージッククリエイターハンドブック
(3~1級試験対策講座で使うテキスト)

定期推奨コース

Guitar 1

概要 ギターは誰もが知っているポピュラーな楽器ですが、 奏法や音色のバリエーションは大変豊富で、 様々なジャンルに顔を出し、 主役から脇役までこなすことができます。 反面、本気で習得したいなら一筋縄で ...

Bass 2

概要 本質的にハーモニーとグルーブを支配するベースは、 その実力次第でアンサンブルの評価が決まる、 と言っても過言ではありません。 そのため、地味な練習を積み重ね、 基礎力を徹底的に鍛える必要がありま ...

Piano 3

概要 ピアノやキーボードにおいて、 2段譜をすばやく読めて正確に演奏できる、 という能力はもちろん大切ですが、 当塾では、自分でアレンジができたり アドリブでソロが弾けたりという、 クリエイティブな能 ...

DTM 4

概要 DTMとは「Desktop Music」の略で、 ごく簡単に言えば、 「パソコンを用いて音楽を制作すること」です。 DTMのおかげで、ビッグバンドや オーケストラのような大編成の曲であっても、 ...

Music Theory 5

概要 理論って難しそう・・・ 理論って何の役に立つの・・・ 理論に縛られると自由が奪われるんじゃないか・・・ それらは間違いなく、 逃げや洗脳から生み出された思考です。 先人達が何百年と試行錯誤してき ...

Composition 6

概要 クラシック音楽の世界では、 作曲と編曲(アレンジ)は 元々同一の音楽家が行っていた経緯から、 編曲も含めて作曲という認識の方も 多いと思いますが、 バークリーでは明確に分けられています。 当塾も ...

Harmony 7

概要 音大の必修等に組み込まれているものの、 独学やグループレッスンでは習得が難しく、 難解な音楽用語と禁則の嵐によって、 挫折する者が後を絶たない学問の一つです。 ポピュラー音楽においてベースはコー ...

Counterpoint 8

概要 大抵の現代人が、全く接することなく 人生を終える学問の一つです。 西洋における中世からバロックの様式には 欠かせないものですが、 技法的あるいは美学的見地から応用すれば、 ビバップのような音楽に ...

© 2020 PLV音楽塾 Powered by AFFINGER5